今更聞けない!住宅ローン審査について

banner

住宅ローン選びのポイントが審査も左右する

Powered by


今回は住宅ローンの選び方を考えるポイントをご紹介したいと思います。住宅ローンというのは、数年で終わるものではもちろんありません。だから、とても長く付き合っていかなくてはならないものです。住宅ローンを組んだころの経済状態や健康状態、環境などがずっと同じということはありません。これから先、幸せなことや不幸なこと、多くのことが待っています。つまり、何が起きるかわからない未来のために今から、ちゃんと考えて住宅ローンを選ぶことが大切になってきます。このごろ、住宅ローンにも、いろいろなサービスをしてくれるようになりました。例えば、保証料を無料にしてくれるところや、住宅ローンを組んだ銀行に一定額以上の預金があれば、金利を優遇してくれるところもあります。
また、安心を提供してくれているところもあります。安心を提供するとは一体どのようなことなのか、と疑問を抱く人も多いと思います。これも例をあげますと、住宅ローンを組んだ自分自身が死んでしまう場合や、高度障害のため働けない場合など、返済不可能になった時に残りのローンを全額支払ってくれるというものです。もちろん、大きな病気にかかり長期間の入院を余儀なくされ、結果的に仕事を失ってしまうこともあると思います。そのような時に決められた期間中、保険金が支払われることや、また住宅ローンの一部、あるいは全額が保険会社から支払われるというものもあります。最近はこういったサービスが日本全国、各地で利用する事ができます。もちろん、このようなサービスにかかる費用は住宅ローンに含まれています。金利のどれくらいの割合がサービスのかかる費用にあてられているかも、ちゃんと確認しておくことをお勧めします。これから長い付き合いとなる住宅ローンを選ぶ際は、安心を提供してくれるタイプのローンを選ぶ事も大切です。

公的ローンと民間金融機関

Powered by イー・ローン


住宅ローンの借り換えによって得をすることができることがありますが、だれでも借り換えをすることができるというわけではありません。当然借り換えができないということもあるのです。
例えば民間の金融機関から公的ローンへの借り換えはできません。公的ローンから民間金融機関へ、民間金融機関から民間金融機関へという借り換えはできます。ただし民間金融機関での借り換えの際には同じ金融機関で別のプランには借り換えできない場合もあるので注意が必要でしょう。

ローンの借換えの際には担保評価というものを行うことになります。もしこの担保評価で担保割れになっている場合には住宅ローンの借り換えをすることができない場合があります。しかし最近では担保割れをしていても借り換えをすることができることが多いようです。これは現在の住宅のほとんどが担保割れの状態になるからです。そのため担保割れをしているからといって諦めずに相談してみましょう。

他にも借り換えをすることができない場合があります。過去一年間にローンの支払を滞納したことがあると借り換えをすることができないことがあります。こういった理由によって借り換えをすることができないことがあるので注意が必要です。

住宅ローンの借り換えの際に行われる審査は、新規に住宅ローンを契約するよりも厳しい住宅ローン借り換え 審査を行われます。審査基準は明らかにされることはありませんが、審査にクリアしなければ借り換えをすることができないので、注意しておきましょう。(審査基準詳細については「住宅ローン借り換え 審査http://jyutakuloankarikae.net/」を確認してください。)

シミュレーション

  • 返済額シミュレーション
  • 借入可能額シミュレーション
  • 返済額シミュレーション
  • 借入可能額シミュレーション

ローンの種類

  • カードローン
  • 自動車ローン
  • 住宅ローン
  • おまとめローン
  • ビジネスローン
  • 教育ローン
  • 不動産担保ローン

金利について

http://www.kentiku-web.com/money/mon6.htm

ローンとは

http://loan.money.jp.msn.com/howto/topic.php?n=1
Copyright(c) 2013 今更聞けない!住宅ローン審査について All Rights Reserved.